;

2011年

 

6月26日 サロマ湖マラソン大会
6月12日 みかた残酷マラソン全国大会(24km)
  4月17日 第6回宍粟市さつきマラソン(ハーフ)
  3月20日 第32回平荘湖駅伝大会
  3月 6日 第31回篠山ABCマラソン(フルマラソン)
  2月19日 加古川市平荘湖駅伝試走
  1月30日 たつの市梅と潮の香マラソン大会
(ハーフ)
2010年 12月11日 平荘湖駅伝試走
  11月27日 平荘湖駅伝試走
 佐呂間町100年広場をスタートし北見市常呂町スポーツセンターまでのコースです。高低差は最大で約40m。後半の30kmから40kmまでのワッカ原生花園は最も美しい景色ですが最も苦しいポイントでした。
 幾度となくあきらめかけた時には、沿道やスタッフ方々の声援に後押しされゴールを目指し、各自の目標を達成することができました。
 本当にみんなお疲れ様でした。次はフルマラソンにチャレンジだ。
(2011.6.26)

50km成績表

 

   

 

 


 
 最終のトレーニングコースに24km(高低差約408m)でうねりのある超ハードな山道を選択しました。とにかく険しいコースですが、中学生・高校生を含め大勢のスタッフと町民の温かい応援をもとに耐え抜きました。
 昨年の11月より本格的に練習を開始し、いよいよサロマ湖へ挑戦します。今までの練習の成果を発揮し、全員がゴールを目指し精一杯駆け抜けたいと思います。
 また、団体戦の「山下会計ガンバローズ」は50位と健闘しました。
(2011.6.12)

 
 
 
 新緑が映える豊かな自然のコース。スタートから折り返しで高低差は155m、前半が登りで折返した後はゴールまで下りのコースです。
全員がハーフをエントリーしゴールを目指して懸命に走り切りました。
ゴール後は懇親会にご招待いただき、皆さまのマラソンにかける情熱を肌で感じ、楽しい談話によりサロマ湖に向けて元気をいただきました。
次回は前哨戦の「みかた残酷マラソン」を走りきれるように頑張ります。
(2011.4.17)


 
 加古川市平荘湖の周回コースを1人4.8Km、6人でタスキをつなぎます。
今年も「山下会計がんばろうず」「山下会計ファイターズ」の2チームが参戦。
11月より毎月試走を行い、”法人決算”、”年末調整”、”確定申告”という繁忙期を培った忍耐力で乗り越え、無事に大会を迎えました。
東日本震災復興支援大会として開催されたこの大会。走者のみならず、応援者、関係者全員が被災者に元気を届けようという気持ちが込められていました。
全員でつないだタスキ、サロマ湖に向けて大きな力になりました。
(2011.3.20)

「神戸新聞号外」 「第32回平荘湖駅伝」

 
 
 天候は曇り。気温は8.1℃。特別ゲストは有森裕子さん。
中央イエローハットのランナーがリーダーの山下次長。
完走タイムは2時間58分52秒、目標の3時間切り達成しました!
芸人猫ひろしの自己ベストには負けてしまったけど、
20キロ手前で有森さんを抜き去りました。
頑張りました。
初めて自分で自分をほめたいと思います!
平荘湖駅伝もお頼み申します。
(2011.3.6)

 

 


 
 午前9時20分スタート。スタート時の気温はマイナス1℃。
西の風がかなり強くコンディションはかなり悪い。観測によれば風速約7m。
後半がこの大会の醍醐味。新舞子海水浴場から播磨灘を横目に、前から横から襲い来る潮風に体力を奪われる中、もがいてつかんだゴール。悪天候にも関わらず、温かく応援して下さった沿道の方々のおかげですね。
いざ、平荘湖へ。
(2011.1.30)



 
   

 

Copyright (C)2011 Yamashita-Accounting-Office All Rights Reserved