カウントダウンタイマー

 2011年6月にサロマ湖50kmマラソンに挑戦しました。2016年は更なるステップアップを目指し、「北海道利尻島一周悠遊覧人G」55km
 マラソンに挑戦します。
 利尻島一周を制限時間10時間以内に全員が完走することを目指しています。

 目標達成に向け体力そして気力を高めていこう。


■今後の試走スケジュール
2015.11.1 丹波もみじの里マラソン大会(ハーフ)
2015.12.6 赤穂義士マラソン大会(ハーフ)
2016.1.31 たつの市梅と潮の香マラソン大会(ハーフ)
2016.2.21 岡山県矢掛本陣マラソン全国大会(ハーフ)
2016.3.20 加古川市平荘湖駅伝競争大会
2016.4.17 津山加茂郷フルマラソン全国大会
2016.5.27 2時間耐久レース
2016.6.5 利尻島一周悠遊覧人G大会

 

もみじの里ハーフマラソン大会

丹波市立青垣総合運動公園をスタート・ゴール地点とする折り返しコースです。
うっすらと紅く色づき始めた山間を、前半は緩やかな上りで後半は緩やかな下りで起伏が少なく、気持ちよく走ることができました。

皆様のあたたかい声援のおかげで全員時間内に完走できました。
この調子で次に向けてこつこつと頑張っていきます。

 
チーム 山下会計事務所
西村 小田 増田 福井 花尾 高馬 東坂(右)、松田

 

赤穂義士マラソン大会

兵庫県立赤穂海浜公園内を約4周するコースです。園内は高さ50mの大観覧車や広大な芝生広場、アスレチック遊具、テニスコートなどがあり、子供から大人まで楽しめます。

曇り空で少し肌寒い中、満足できる成績ではないですが、皆様のあたたかい声援を受け今回も全員が完走できました。

次の「たつの市梅と潮の香マラソン大会」のコースの特徴は、約半分が海沿いで標高差30メートルのコース。強い風と寒さでかなり消耗戦になると思われるので、克服できるように頑張っていきます。

 

たつの市梅と潮の香マラソン大会

ハーフは約30メートルの高低差で起伏のある国道250号はりまシーサイドロードを折り返し、新舞子海岸へ早春の美しい播磨路を駆け抜けるコースです。小学生や中学生の部、ファミリージョギングを含め総勢4,000人を超える選手が集い盛大でした。

成績は、計3ヶ所に設けられた関門の制限時間をクリアできず、「全員完走」の目標は達成できませんでした。大勢の方々に応援していただいたのですが残念です。体力もさることながらスピードも要求される厳しい大会です。

次の「岡山県矢掛本陣マラソン全国大会」の制限時間は今回と同じです。3週間後のこの大会では、全員が制限時間をクリアし完走できるように頑張っていきます。

 

矢掛本陣マラソン全国大会

マラソンコースになっている矢掛町の商店街は、江戸時代に山陽道の宿場町として栄え歴史情緒に溢れています。矢掛町総合運動公園をスタートして旧山陽道を駆け抜ける平坦なコースで、1周10kmを2周する周回コース。しかも、日本陸連公認コースです。

今回も沿道の方々からたくさんの声援をいただき、時には「山下会計ガンバレ!」と激励も。いずれの大会も小学生以下の子供たちから年配の方まで、大勢のスタッフが大会を盛り上げ、選手のサポートをしていただいていますので、気持ちよく走ることができています。なんとか声援に応えられるように完走を目指してがんばりたいと思います。

次は「平荘湖駅伝競争大会」に2チームが参加します。弊所の原点であるこの大会で上位を目指して頑張っていきます。

 

津山加茂郷フルマラソン全国大会

マラソン専門誌の「全国ランニング大会100撰」に度々選ばれている標高差約300mのハードコース。天候は、スタート直前の激しい風雨から一転、快晴へ。
気温の上昇と高低差のある厳しいコースで気力が萎えそうな時々に、沿道の声援や給水所でのおもてなしに元気付けられました。お好み焼きや流しそうめんなどもご馳走になりゴールを目指す気力が復活しました。

マラソンの醍醐味は、体力と気力の限界への挑戦と走り続けることの難しさ、それを乗り越えてゴールした時の盛大な祝福と達成感です。
これからも各大会が地域活性化の起爆剤となって発展されることを祈念いたします。

6月の本大会まで残り2ヶ月を切りました。何とか万全の状態で大会に臨みたいと思います。

 

 

■2016.6.5 利尻島一周悠遊覧人G大会へ