最新情報

フリーWi-Fiを安全に使いましょう

こんにちは。お客様の業務効率化についてお手伝いしている税理士法人山下会計事務所の花尾です。スマートフォンを持っているとコンビニやカフェでフリーWi-Fiを利用することが多いのではないでしょうか。フリーWi-Fiは通信料を気にせずインターネットを利用できるため、とても便利ですが利用する際には一定の注意が必要です。

フリーWi-Fiは簡単に接続できるため、その通信内容が盗聴される恐れがあります。具体的には、「ID・パスワードを知られる」「メールの内容を読み取られる」「ネットショッピングの内容を見ることができる」「偽サイトに誘導される」などの危険があります。フリーWi-Fiを利用する際には以下のことに気を付けてください。

①安全性の高いフリーWi-Fiを利用する
 安全性の高いフリーWi-Fiとは暗号化されたフリーWi-Fiをいいます。暗号化されたフリーWi-Fiはネットワーク名に鍵マークがありますので、その鍵マークを目安に利用してください。

②暗号化されたWEBサイトを利用する
 暗号化されていないフリーWi-Fiの場合でも、暗号化されたWEBサイトへアクセスすると盗聴被害のリスクを軽減できます。アクセスしているWEBサイトのURLの先頭に「https」があれば暗号化されているWEBサイトです。

③なりすましアクセスポイントに注意する
 なりすましアクセスポイントとは、悪意のある人物が盗聴、のぞき見、端末の乗っ取りなどを目的として、作成したアクセスポイントです。その中には自治体やカフェのフリーWi-Fiと同名、または、よく似たネットワーク名となっているものも存在します。実在する正規のフリーWi-Fiと類似したネットワーク名が、複数並んでいる場合は、どれかがなりすましアクセスポイントである可能性があります。おかしいと思った場合には、利用しないことが賢明です。

また、スマートフォンなどの自動接続機能がオンになっている場合、自分の知らないうちに、なりすましアクセスポイントに接続してしまう場合があります。スマートフォンなどの自動接続設定はOFFにしておくこともおすすめです。
フリーWi-Fiの危険性を理解し、安全に利用してください。



兵庫、岡山、鳥取の【経営支援】【相続税】に強い税理士・公認会計士 税理士法人山下会計事務所

山下会計のサービスを見る

お問合せはこちら

カテゴリ:セキュリティ