最新情報

組織の成功循環モデル

こんにちは。税理士法人山下会計事務所の東坂です。
今回は、「組織の成功循環モデル」をご紹介させていただきます。

お客さまのところへおじゃまさせていただいて、業績も良くて何かいい感じにお仕事されているなあと思うことがあります。なんでそうなのか分からなかったのですが、マネジメントに関する本を読んでると、ダニエル・キム教授が提唱するこの「組織の成功循環モデル」がよくでてきます。

最初に悪いサイクルからご説明します。
①「結果の質」を求める。(成果は上がっていない。)→ ②「関係の質」が悪くなる。(対立、押し付け、命令)→ ③「思考の質」が下がる。(面白くない、受け身)→ ④「行動の質」も下がる。(積極的に行動しない)
→ 一番ほしかった「結果の質」が下がる。

キム教授の提言はスタートを変えるということです。

次は、良いサイクルです。
①「関係の質」を向上させる(互いに尊重し、一緒に考える)→ ②「思考の質」が上がる。(気づきがある)→ ③「行動の質」が上がる(自発的・積極的)→ ④「結果の質」が上がる。

目先の結果を求めるのではなく、まず「関係の質」を高めることが遠回りしているようでも成果をだすための近道ということのようです。

悪いサイクルをみていると岡崎体育さんの「なにやってもあかんわ」という曲が思い浮かんだのですが、いいサイクルになると「なにやってもええわ」という感じになるのでしょうか。
とはいえ、「関係の質」を高めるというのもそんなに簡単にはいかないと思います。試行錯誤ですね。



兵庫、岡山、鳥取の【経営支援】【相続税】に強い税理士・公認会計士 税理士法人山下会計事務所

山下会計のサービスを見る

お問合せはこちら

カテゴリ:社員教育