最新情報

従業員の健康に「投資」する

こんにちは。税理士法人 山下会計事務所の山田です。
企業の経営資源は「ヒト・モノ・カネ」とよく言われますね。これに情報も加えるべきとの意見があったりもしますが、ここではヒトにフォーカスして、従業員の健康に配慮することの効果について、ある企業での調査結果をご紹介します。

医薬品やコンタクトレンズなどで有名な米国のジョンソン&ジョンソンが従業員に健康教育プログラムを提供し、その投資に対してどれだけのリターンがあったかを調査したところ、従業員の健康への投資額1ドルに対して、3ドルのリターンがあったとしています。
投資の内容は、

  • 健康教育や健康管理のための人件費
  • システムの開発・運用にかかる費用
  • 診療・フィットネス施設の設置費用

で、これに対してリターンの内容は、

  • 欠勤率の低下を含む生産性の向上
  • 医療コストの削減

とのことで、これらのリターンを金額換算すると、投資額の約3倍だったとのことです。
また、このほか、金額換算できない次のような効果もあったとのことです。

  • 従業員のモチベーションの向上
  • リクルート効果
  • 企業イメージのアップ

このような結果は、大企業でしか期待できないものでしょうか。
中小企業にとってもなにかメリットは期待できるのでしょうか。
これから月に1度くらいのペースで健康への「投資」について、参考になりそうな取り組み事例や、具体的なメリットについてご紹介したいと考えています。
どうぞお楽しみに。



兵庫、岡山、鳥取の【経営支援】【相続税】に強い税理士・公認会計士 税理士法人山下会計事務所

山下会計のサービスを見る

お問合せはこちら

カテゴリ:福利厚生